11月6日の出来事

11月6日は…もちろん、神戸では楽園祭♪ですが…

そんな中、私は、大学時代からの友人Aちゃんと
日本武道館に足を運びました。

以前、少し触れましたが、
11月6日は、中島美嘉の公演がある予定でした。

しかしながら、本人の耳の病気が悪化したため
公演中止となりました。

チケット会社からチケットの払い戻しに関するお知らせメールがきたのですが、
それと同時に、コンサートを行う予定だった日時に、
中島美嘉本人が、ファンに対して、直接謝罪したいということで、
可能であれば会場にお越しくださいというお知らせが届きました。

もともと、公演に一緒に行く予定だったAちゃんは、滋賀県在住なのですが、
東京に遊びに来ることは前々から決まっていたということもあり、
とりあえず日本武道館に行くことにしました。

会場では、ドキドキしながら待っていたのですが、

中島美嘉本人が、会場に集まったファンの前に現れて、
謝罪の言葉を述べて、症状についてお話をしたときに、
それを聞いていた私は、
本当に、胸がいっぱいになりました。

幸い、症状は、日常生活を送る上での支障は
あまりないとのことでした。
ただ、歌が歌えないということで、
本当に心苦しい状態なのだと思いました。

公演中止の決定も、苦渋の選択だったと思いますが、
それでも、その状況から逃げずに、
自分のことばで、気持ちを伝えて、
ありのままの自分を表に出すことができるというところに
感動しました。

目の前で謝罪することは、一見、簡単で、誰にでもできることのように思いがちですが、
本当は、とても難しいことなのかもしれません。

このブログで、
どれくらい伝わる分かりませんが、
もし、私が、中島美嘉と同じ立場だったら、
きっと、ファンの前で、直接、自分の気持ちを伝えることなんて
できないと思います。
申し訳ないという気持ちはあっても、
ファンのみんなに、直接謝罪する勇気はないと思います。

アーティストとして、
歌が歌いたくても歌えないという悔しい状況の中で、
それでも、自分を見失わないで、
ファンに対する感謝の気持ちを忘れず、
前向きに努力する中島美嘉の姿に
感銘をうけました。

そして、飾らず、ありのままの様子で、
話ができるのは、
心が綺麗な証拠なんじゃないかなと思いました。

同じ女性として、
私も、心の綺麗な女性でありたいと思いました。

今度は、彼女の歌をじっくり聴いてみたいな
と強く思いました。
そして、また、病気がよくなってから、
ライブがあれば本当にナマの歌声を聴いてみたいと改めて思っています。

歌声は聴けなかったけれど、
本当に言葉では表現できないほどの
大きなモノを手に入れることができました。

最初は、ただただ、公演中止が残念だと思うばかりでしたが、
実際に、武道館に足を運んでみて、
お金では買えない何か大切なモノをいただくことができました!

中島美嘉さん、スタッフの皆様、本当にありがとうございます!!


スポンサーサイト
中島美嘉 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2010/11/07 23:37
 | HOME |